リストカット・根性焼きの傷跡治療

施術について

過去の痛みや経験から立ち直っても「リストカット」や「根性焼き」の跡を見るたびに辛い思いをしたり、社会的に不利な状況になったりなどで、消極的なお気持ちになってはいないでしょうか。こうした傷跡は完全に元通りにすることはできませんが切除縫合や表面を削るアブレーションという方法で、「リストカット」や「根性焼き」の跡とは見えない状態に変えることができます。他人にそれとはわからなくすることで、気持ちも前向きに人生の再出発ができるようお手伝いできればと思います。まずはご相談ください。

切除縫合

1本の縦ラインの傷に変える
過去のリストカットによる何本もの傷や煙草のやけど跡を、皮膚を切除し縫い合わせることで怪我の傷跡のように見せることが可能です。カウンセリング当日の施術もできます。
施術時間
30分程度(範囲・状態による)
麻酔
局所麻酔
通院
1週間後に抜糸、1ヶ月検診
シャワー
当日からOKですが、患部は避けてください
入院の必要
なし

アブレーション

広範囲の傷跡を面で治療する方法
アブレーションはタトゥー除去などでも行われる方法で、専用の機器を使用し、皮膚表面の皮膚を薄く剥離する方法です。火傷をしたような跡になりますが、広範囲の傷跡を面で除去することができ、時間の経過とともに赤みが少しずつ引き術直後よりも平らになります。
施術時間
60分程度(範囲・状態による)
麻酔
局所麻酔
通院
1週間後、1ヶ月検診
シャワー
当日からOKですが、患部は避けてください
入院の必要
なし

費用について

リストカット・根性焼き 切除縫合 長さ1mmにつき 10,000円(消費税別途)
アブレーション

Q&A

Q1. 傷を負ってからどのくらい期間を空ければ治療ができますか?
A1. 状態にもよりますが、あまり時間が経っていなくても治療することはできます。
この治療は、お悩みの傷を違う形の傷に変えるということが目的になるので、他の傷跡形成のように状態が落ち着くまで治療を待つことはあまりありません。もちろん状態によりますので、医師がカウンセリングを行い、いつ手術するか患者様と決めていきます。
Q2. ケロイド体質なのですが、治療は可能でしょうか?
A1. 治療は可能です。
ただし、ケロイド体質の方は切除縫縮やアブレージョンでもケロイド状になりやすいので、他の人に比べ傷が目立ちます。しかし、お悩みの傷跡を怪我や火傷跡のように別の形の傷にする事ができますので、術後のことも含めご相談ください。
Q3. リストカットの跡が広範囲にあるのですが、アブレーションがよいのでしょうか?
A3. 範囲や状態を診断してから方法をご提案します。
たしかに広範囲の場合は面で施術ができるアブレーションが適していますが、実際の状態を確認しないと何とも言えません。医師が診断をしてから、患者様に適した方法をご提案いたします。
Q4. 完全な状態に戻らないのに、施術をする意味はありますか?
A4. 患者様のお気持ち次第ですが、別の傷に見せることで、ご自身の後ろめたい気持ちが解消されたり周囲の視線が気にならなくなったなど人生の再出発への足がかりになる治療だと考えています。
なぜこのような治療があるのかということですが、リストカットや根性焼き痕があると、就職活動で不利になった り、職場や公共の場で人目を気にしながら生活しなければならないなど何かと不都合な状況になってしまうことが多いからです。しかし怪我や火傷の痕に見えれば、周囲にはそれで通すことができますし、ご自身もそう思い込むことで心苦しい気持ちが解消されます。また傷跡は歳月と共に徐々に薄くなりますが、リストカット痕や根性焼き痕はそのまま何年たってもリストカット痕や根性焼き痕です。しかしこの治療により別の痕として年々目立たなくなっていきます。前向きに人生を歩まれることへの助けとなる治療だと考えております。

PC用サイト | スマホ用サイト