BNLS(脂肪溶解)注射

BNLS注射とは

BNLS注射とは植物由来の成分を主成分とした脂肪溶解注射です。切らずに注射するだけで、痩せにくい顔の脂肪を溶かして、フェイスラインを整えることがきでます。BNLS注射は主に、小顔・顔痩せが目的ですが、ボディーの部分痩せにも効果があります。

あさひ美容外科 総院長 小国 英昭


BNLS注射はこのような方にオススメです

  • 手術に抵抗がある
  • 頬のタルミや二重あごのせいで老けて見られる
  • 手術程の大きな効果ではなく、繊細な変化が欲しい
  • 顏だけ痩せづらい
  • 施術したことは周囲にバレたくない
  • 顏の脂肪が多く、ほうれい線がより目立つ
  • ダウンタイムはできるだけ軽く
  • お腹周りや二の腕など部分痩せをしたい
  • 痛みや腫れが怖い

3つの相互作用で効率の良い部分痩せが可能

BNLS注射には、不要な脂肪を溶かす「脂肪分解作用」、溶かした脂肪や溜まった老廃物を排出させる「リンパ循環作用」、たるみをタイトニングする「肌の引締め作用」の3つの作用があり、これらが相互するため、従来の痩せる注射よりも短時間で、より効果の高い部分痩せが行えます。

ポイント1 痛みや腫れなどの負担が少ない

植物由来成分がメインの薬液だから負担が軽い

従来の脂肪溶解注射の主成分はフォスファチジルコリンでしたが、BNLS注射は植物由来成分をメインとする薬液のため、施術後の腫れや痛み、赤みなどダウンタイムが大幅に軽減されています。

●BNLS注射の主な成分と作用

脂肪溶解・分解作用
ヒバマタ(海藻)抽出物
脂肪代謝促進
チロシン
抗炎症作用、創傷治癒作用、肌再生作用
オキナグサ/カラクサケマン
浮腫の減少作用、抗炎症作用
セイヨウトチノキ(マロニエ)
血管拡張、血管新生
アデノシン三リン酸
血管保護作用
ペルシャグルミ(くるみ)

ポイント2 治療間隔が短い

1週間の間隔で治療が可能なため、より早く効果を実感できます

従来の脂肪溶解注射では、治療間隔が通常2~3週間かかっていましたが、BNLS注射は1週間の間隔で治療できるため効果の実感が早く、短期間で効率よく治療することができます。

BNLS注射は下記のような様々な併用治療も行えます。詳しくはカウンセリングにてご相談ください。


あさひ美容外科のBNLS注射

マジックニードルを使用しているため、痛み・腫れ・内出血はさらに軽減

使用する注射針は、皮膚組織の損傷、血管損傷のリスクを抑え、出血も極力軽減できる「マジックニードル」を使用しています。一つの針穴から幅広いエリアへの注入が可能であるため、穿刺回数による痛みも軽減できます。


ポイント3 ボディのお悩みを解消

ボディの部分痩せにも有効

BNLS注射は、お腹周りや二の腕、足などの範囲の広いボディにも有効です。気になる部位に直接作用させることにより、自然な部分痩せが可能です。注射なので体への負担は少なく、仕事が忙しい方でも気軽に治療が受けられます。


施術について

  • 1、カウンセリング

    患者様のご希望に合わせ最適な注入量や注入箇所を医師が診断します。

  • 2、注入

    部位や範囲によりますが施術時間は15分程度です。

  • 3、帰宅

    そのままお帰り頂けます。術後にご不明な点やご不安なことがございましたら、お電話でお気軽にお聞きください。


施術時間
15分程度(部位・範囲による)
むくみ
個人差がありますが、多少むくみがでます。しかし大きく腫れることはありません。むくみは2、3日でおさまります。
腫れ・傷跡など
メスを使用しないので切開跡などはないですが、体質によって針穴付近に内出血が見られることがあります。
持続性
半永久に持続
洗顔
当日から可能
メイク
当日から可能
シャワー入浴
当日から可能

費用について

1CC/10,000円(別途消費税)

PC用サイト | スマホ用サイト