脂肪吸引

腹部やお尻、二の腕、etc…、ダイエットしても落ちない脂肪

脂肪吸引はダイエットでは不可能な、脂肪細胞の除去を行うことができ1回で確実に部分ヤセでき、リバウンドしにくく太りにくいボディにできます。
カニューレという金属製の器具を使い、気になる部分の脂肪を吸い出します。腹部、太ももなどのボディだけでなく、あごや頬などの小さな範囲でも手術する事は可能です。 どの部分を手術する場合も入院は不要です。

1ヶ所につき:500,000円~(消費税別途)

ウェット・メソッド脂肪吸引法

ウエット・メソッド法とは皮下脂肪層に低濃度の局所麻酔液、止血剤、生理食塩水を注入して脂肪吸引する方法です。出血を最小限に抑え、毛細血管や周囲の正常組織を傷つけません。また、脂肪が柔らかく吸引しやすい状態にでき、より効果的な脂肪吸引を行えます。

  • 注入された生理食塩水が脂肪細胞を十分ふくらませているために、吸引しやすい
  • 注入された止血剤が出血を最小限に抑え、術後のむくみ、腫れを軽減する。

施術の流れ

数ミリ切開し、カニューレを挿入します。
(カニューレは、様々な体形や吸引量に対応できるよう数種類あります。)

ウェッドメソッド法で脂肪を吸引していきます。


スケジュール

  • ご予約

  • カウンセリング・手術

    専門医が患者さんの体質やお悩みをしっかり把握した上で、丁寧にカウンセリングいたします。

  • 翌日

    翌日検診

  • 施術1週間後

    週間後検診

  • 施術1ヵ月後

    1ヵ月後検診

Q&A

Q1脂肪吸引でどれくらいの量がとれますか?また、体重は減りますか?
A1安全第一ですので、安全の範囲内で最大限にとりますが、脂肪がとれる量は個人差があり、部位によっても異なります。体重の変化はあまりありません。これは脂肪が骨や筋肉などに比べ非常に軽いためですが、見た目には十分な変化が現れます。
Q2吸引部分が凸凹することはありませんか?
A2ウェッドメソッド法により脂肪細胞が生理食塩水を含んでは膨らむため、脂肪が柔らかく吸引しやすいので自然なボディラインが可能ですが、凹凸部が完全に平らになるのに3~6ヵ月の期間、ウエストニッパーやガードルでひきしめていただく必要があります。
Q3手術中・手術後の痛みはありますか?
A3低濃度の局部麻酔薬を注入しながら行うウェッドメソッド法ですので手術中の痛みはありません。術後、麻酔が切れたあとの為に、痛み止めを処方しております。
Q4傷跡は目立ちませんか?
A4切開は数ミリで、3~6ヵ月で白い線に変わります。
Q5リバウンドしますか?
A5脂肪細胞を取り除くので、施術部位は太りにくくなります。施術後に暴飲暴食を繰り返せば残っていた脂肪細胞が大きくなり、太る可能性はありますが、吸引する前よりも脂肪細胞の数は少ないため、太りにくい体質になっています。

PC用サイト | スマホ用サイト