レーザートーニングによる肝斑治療

レーザーによる肝斑治療が始まりました

“レーザートーニング”とは、QスイッチYAGレーザー「MedLite C6(メドライトC6)」による肝斑の新しい治療法です。これまで肝斑にレーザー治療は不適切とされてきましたが、“レーザートーニング”はその肝斑への画期的な治療法として新しく導入されました。 肝斑とは両頬周辺に対照的にくすみのように広範囲に薄く症状が現れるシミの一種です。原因は女性ホルモンの異常と言われています。通常のシミと違い従来のレーザー治療では除去できず、その刺激により悪化させてしまうので、トラネキサム酸の服用やイオン導入などによる治療のみでした。この治りにくい肝斑に画期的な治療法として誕生したのが“レーザートーニング”です。

従来のシミ除去レーザーとの違い

“レーザートーニング”が従来のシミ除去レーザーと異なる点は、レーザーが照射される出力と形です。従来のレーザー治療は、強い出力で照射部位の中心のエネルギーが一番高く端にいくほど弱まります(ガウシアン型)。皮膚深部にあるメラニン色素を破壊できるため、肝斑以外のシミには非常に有効ですが、肝斑の場合にはエネルギーが集中する中心部分では炎症を起こし悪化してしまい、パワーが弱すぎる端では効果がみられませんでした。あさひ美容外科の“レーザートーニング”は、レーザーを均一に照射(トップハット型)し、肌に負担をかけない出力でメラニンを徐々に破壊していくことで、安全に肝斑を治療します。

従来のシミ除去レーザー
[ガウシアン型]

レーザートーニング
[トップハット型]

ビーム
プロファイル


パワーにムラがあり、肝斑を悪化させてしまう。


均一なパワーで照射するため、肝斑を悪化させることなく、確実に治療。

皮膚を上から見た
イメージ図


照射効果の範囲にムラがある。


均一な範囲に照射効果がある。

レーザートーニング症例

Before

After 7回目の治療から1週間後

Before

After 7回目の治療から1週間後

Before

After 7回目の治療から1週間後

Before

After 7回目の治療から1週間後

Before

After 7回目の治療から1週間後

Before

After 7回目の治療から1週間後

Before

After 7回目の治療から1週間後


治療について

詳細については医師がカウンセリングにて詳しくご説明いたします。
不安な点、不明な点があればご相談ください。

■電話でのご相談
0120-889-480 AM9:00~PM7:00

■メールでのご相談

PC用サイト | スマホ用サイト